施設紹介



<芝生の園庭>
園庭の真ん中は天然芝と、人工芝になっています。緑の芝生はストレスを軽減したり、砂埃などが舞い散らないため、子どもの健康維持に役立っています。芝生の上にシートを敷いてお弁当を食べたり、暑い日には涼んだりするのはとても気持ちがいいですよね。また転んでも怪我の予防になるため、思いっきり体を動かして遊べます。


<アスレチック>
安全で楽しく遊べることができる、デンマークのKompan社製の総合遊具です。上半身を使って登ったり、ロープにつかまったりと全身をバランスよく動かすことができます。
<船>
同じくデンマークのKompan社製の遊具です。アスレチックが体を動かすことに主眼を置いて設計されているのに対して、海賊船は友だちとイメージを共有してごっこ遊びをしたり、自分なりになりきって遊ぶ遊びが主に展開されています。
<うんてい>
近年子どもの体力低下が指摘されていますが、特に顕著なのが上半身の力です。木登りができる木が減り、ものにぶら下がったりする機会が減っています。うんていも最初は怖がる子もいますが、幼稚園では年中〜年長さんを中心に遊んでいます。
<登り棒>
年中〜年長さんを中心に裸足になってチャレンジしています。難易度は高い分、できたときの充実感もとても高いです。
<もちの木>
園長先生が幼少期(50数年前)によく登って遊んでいた木です。幼稚園の子どもたちも、昔と変わらず木登りをして遊んでいます。

<サッカーゴール>
サッカーは男の子も女の子も人気です。サッカーだけでなく、ドッチボールなどの球技も盛んです。
<野菜栽培>
年長組になると、正門入口にある小さな畑できゅうりやトマトなど野菜を収穫して食べます。年少、年中もそれぞれのプランターを使って野菜を育て、クラスで調理するなど自分たちが育てたものを食べる機会を多く作っています。
<屋上>
幼稚園の屋上も子どもの遊び場です。夏場はここに大きなプールが登場します。冬はドッチボールをして遊んだり、身体を動かして遊んだりします。
<動物の飼育>
命の大切さを知ってほしいと、うさぎや亀、金魚などを飼育をしています。子どもたちも餌やりや、掃除などを行っています。
<ホール>
雨の日でも、思い切り体を動かして遊べるホールです。クリスマス会や誕生会など楽しい行事もここで行われ、特に発表会では劇をしたり楽器を演奏したり、子どもたちは舞台を使って表現します。
<図書室>
子どもたちの大好きな絵本が沢山置いてあります。家庭への貸し出しも行っていて、毎週自分で選んだ絵本を持ち帰って親子で読んでいただいています。

この他にも幼稚園には楽しいところがいっぱいです。

ぜひ遊びに来て見つけてみてください!!


中央林間幼稚園   〒242-0007 神奈川県大和市中央林間6-7-13
TEL 046-(274)-1177
このホームページに掲載の記事・写真などの無断転載を禁じます。 Copyright (C) 2013 CHUORINKAN. All rights reserved.